データ管理のこれから|パソコンが起動しないなら|繊細な機械のドクター

パソコンが起動しないなら|繊細な機械のドクター

メンズ

データ管理のこれから

ファイル

データ管理

データ管理について、最近クラウドという選択肢があります。今までは、それぞれのパソコンあるいは事業所設置のサーバーに保存するという方法が一般的でした。クラウドは、データをある専門業者のサーバーに保存する方法となります。こうしたクラウドという形態が起こってきた背景には、光配線などによるデータ送信の量が大幅に増大したことと、データ送信のコストが下がってきていることにあります。これにより、ファイルサーバーを必ずしも手元に置く必要性が下がってきていることとなっています。ファイルサーバーが遠隔地にあってもデータ送信のスピードがそれほど落ちないということであれば、こうしたクラウドサービスも選択肢の一つとなり得ます。

データ管理対策

ファイルサーバをクラウドに置くことについての利点もあります。まずは、BCP対策になる点です。災害時にいち早く事業を復帰させる意味を持つBCP対策の一つとして、クラウドにすることは大きな利点となります。事業所が万が一被災した場合、サーバーも同じくどうなってしまうかわかりません。こうした場合、バックアップを別の場所でとっていればまだしも、同じ場所でバックアップを取っていた場合同時にデータ損失する恐れがあります。ファイルサーバーがクラウド上にあればそのような心配は少なくなります。もちろん、クラウド設置場所が被災する可能性もあります。そうした場合でも、クラウド事業者は別の場所にバックアップを取っていることでデータが全く損失する恐れをなくしています。