パソコンが起動しないなら|繊細な機械のドクター

女の人

データが壊れた場合には

女性

ハードディスクや記憶装置の不具合ですが、詳しくない場合に手を出すと、事態を悪化させかねません。大切なデータの普及確率を高めるためには、まずはプロのデータ復旧サービスを利用するのが無難です。相談や初期確認は無料な場合が多いので、検討してみましょう。

詳細

意外な落とし穴

男性

メンテナンスの重要性

突然起動しなくなる、パソコンのトラブルの原因は大きく分けて物理的な欠陥とソフト面での欠陥の二つがあります。特にパソコンを導入してから長い時間が経過していると、CPUのファンにホコリが貯まりファンが作動せずオーバーヒートで自動的に電源が落ちてしまう可能性があります。そのためパソコンファン部分は定期的に掃除機等でホコリを取っておく事をお勧めします。そしてもう一つのソフト面の問題で起動しない問題は、企業で使用しているソフトの場合、ラインセンスをサーバー部分で統括している事が多く、ライセンスの更新を行わないと使用できなくなってしまう物まであります。最近ではどのOSやソフトを使うにしてもライセンスの規制が厳しくなっているため、ソフトやOSの更新が合った場合には即座に更新するようにしましょう。

事前予防

ソフト面のエラーの中には更新情報の中に致命的なエラーがある事が多く、これが原因で起動しない事も考えられます。そのためパソコンを初期設定をする時に起動ディスクを作成しておく事をお勧めします。この起動ディスクはパソコンが万が一エラーで起動しない場合に、セーフティモードで起動して正常に起動した状態に戻す事ができるのです。ただし起動ディスクの作成はOSが正常に動作していない時でないと作成できない場合が多いため、導入直後の作成が一番お勧めできます。また重要な企業の根幹を成している様なプロジェクトの情報等は、パソコンのライセンスを別で取得しておき万が一の時に起動できるパソコンを一台用意しておくとトラブルが発生しても仕事ができるのでお勧めです。

データ管理のこれから

ファイル

ファイルサーバをクラウドに置く方法は、データ送信量の向上、データ送信コストの軽減により実現しました。データのクラウド保管により、万が一の被災による復旧策であるBCP対策にも貢献する利点も持っています。

詳細

企業の業績を管理する

ネット

インストールする販売管理システムは、会社の情報共有に向いていません。インストールしたパソコンだけが、入力したデータを確認できるからです。だから、クラウド形式の販売管理システムが注目されています。クラウド形式の販売管理システムの魅力は、情報共有に向いていることです。

詳細